うろこの家

うろこの家のミニチュア作品

ステンドグラスで異人館、うろこの家のミニチュアを作りました。

うろこの家は、壁面が名前の由来になっている魚のうろこに似たスレートで外張りされています。作品には、そのうろこの部分をインパクトのあるものにしたいと思い、実際のスレートとは異なる色のガラスを使いました。はたして成功したかどうか。

作品の大きさ、1/30スケール、横幅45㎝、奥行50㎝、製作期間6か月。

完成作品の全景(南・東面)写真
作品の全景(南・東面)
完成作品の西側面写真
作品の西側面

製 作

これが私の第1作目の作品です。うろこの家には中央に円筒形の塔がついていますが、それがうまく作れるか。それと、うろこ1枚の大きさを、バランス的にどの位にしたら良いのかなど、気になることばかりでしたが、思い切って挑戦することにしました。

 

 先ず、直径8㎝の木の丸棒を買ってきて、それを型にして塔の部分を作りました。窓のところは空けておいて、型を抜いた後、別に作った窓を嵌め込みます。これで塔の形が出来ました。丸みの感じも、うろこの大きさも概ね良好。これで何とかいけそうな感触を得ることが出来ました。

初めに難しいところを手掛けたのが良かったように思います。後は玄関を作るのに少し苦労しましたが、塔と建物本体との接合もうまくいき、めでたく完成の運びとなりました。

こだわり

側壁に2枚のステンドグラスが入っています。作品にも反映。27X85mm

側壁のステンドグラスの写真
側壁のステンドグラス

玄関の欄間にも小さなステンドグラスが。

 

玄関欄間の写真
玄関欄間

ムギ球でシャンデリアを作り、窓の内側に取り付けました。

2階の窓の写真
2階の窓