萌黄の館

萌黄の館のミニチュア作品

ステンドグラスで異人館、萌黄の館のミニチュアを作りました。

萌黄の館は昔、白い異人館と呼ばれていました。昭和62年の修理で、建築当初の淡緑色の壁に復元され、萌黄の名がつけられたと言われています。その萌黄色の雰囲気をどこまで再現出来るかが勝負です。

作品の大きさ、1/40スケール、横幅50㎝、奥行き50㎝、製作期間1年1か月。

完成作品の全景写真
作品の全景
作品の裏側
作品の裏側

ベランダの丸柱

作品の丸柱の写真

柱の丸味は6角柱にして対応

工事中

4面の壁を組み合わせた写真

4面の壁を組み合わせたところ


なやみ

この建物は細部にまで、いろんな装飾が施されています。ガラスでは細かい加工が出来ないので、それをどこまで作り込むか、いろいろ悩みながら製作してきました。妥協の産物にならないように頑張りましたが、なかなか思うようにはいきません。