製作日記

彦根城

姫路城の作品が完成して、何とか形になったので、あと幾つか日本の城を作ろうと思っています。ではどこにするか、いろいろ迷いました。その結果、国宝の天守を持っていて、しかも姿の良い城というのを選ぶことにしました。

参考のために、城の写真が載っている本を買ってきて、いろいろ研究しましたが、その中のある本に、日本中数多くある天守の中で最も技巧を凝らした天守と言えば彦根城天守の他に比べるものがないと書かれていました。それが彦根城を選ぶ決め手となりました。

彦根城の配置図

この範囲のものを作ります。

この図を見ると彦根城は意外に小さいですね。

彦根城の配置図
彦根城の配置図

屋根瓦

丸瓦と平瓦を並べ、半田でつないで仕上げます。

 

屋根瓦の写真
屋根瓦


彦根城の製作

9月10日

写真の最上段が天守三階の建物本体です。

三階には廻縁と高欄が張りめぐらされており、屋根との取り合わせが難しそうです。

うまくいくか心配!

9月19日

屋根瓦は丸瓦と平瓦の二つ、その内の平瓦は光を透しますが、丸瓦は全く光を透しません。それで、明るさのバランスをとるために、平瓦の裏面に銅テープを貼り、光を遮断して平瓦にも光が透らないようにしています。

ところが、ところが、この度はその銅テープを貼るのを忘れていたのです。屋根を組んだ後で貼るのは大変。これに気が付いた時は思わずオーマイゴッドと叫びたい気持ちでした。

まあそれでもミスはよくあること。気を取り直して、しんぼう、辛抱!

一階の屋根の裏側の写真
一階の屋根の裏側