製作日記

彦根城

姫路城の作品が完成して、何とか形になったので、あと幾つか日本の城を作ろうと思っています。ではどこにするか、いろいろ迷いました。その結果、国宝の天守を持っていて、しかも姿の良い城というのを選ぶことにしました。

参考のために、城の写真が載っている本を買ってきて、いろいろ研究しましたが、その中のある本に、日本中数多くある天守の中で最も技巧を凝らした天守と言えば彦根城天守の他に比べるものがないと書かれていました。それが彦根城を選ぶ決め手となりました。

彦根城の配置図

この範囲のものを作ります。

この図を見ると彦根城は意外に小さいですね。

彦根城の配置図
彦根城の配置図

屋根瓦

丸瓦と平瓦を並べ、半田でつないで仕上げます。

 

屋根瓦の写真
屋根瓦


ご案内

神戸北野町の異人館、うろこの家(うろこ美術館)で異人館の作品を展示しています。

8月31日まで。異人館の作品10点を出展。ご覧いただければ幸いです。

企画展名:色ガラスの異人館とモノクロームの街角・2017(写真展との共催)

主催者:異人館9館を運営する、うろこの家グループ

作品を展示している、うろこの家の写真

向かって左側の建物がうろこ美術館、ここに展示しています。

うろこの家の入場料1050円が要ります。

午前9時半~午後5時(4月以降は6時)


5月10日

彦根城作品に、これから必要な作業は天守の屋根を作ることです。厚紙で一部ですが屋根の組み合わせを確認。この厚紙を型紙にして屋根を作っていきます。

天守の屋根組

5月20日

屋根の一部が出来ました。まだほんの一部ですが再スタート出来たのが嬉しいです。

1層目の屋根の一部

5月30日

彦根城は3層3階建て。その1層目の屋根を作っています。なかなか思うように進みません。

1層目の屋根の一部

6月10日

屋根のパーツを個々に仕上げます。

これらのパーツを実際に組み合わせてみて、うまく合っているか確認します。

6月20日

お城の見学者から見て、正面にあたる部分の1階の屋根が出来ました。

屋根のパーツを組み合わせて半田づけします。